(白鵬も秋場所休場決定 初日から3横綱休場 昭和以降初の異常事態)の記事を観て

横綱・白鵬(32=宮城野部屋)が大相撲秋場所(10日初日、両国国技館)を休場することが8日、分かった。すでに、稀勢の里(31=田子ノ浦部屋)、鶴竜(32=井筒部屋)の両横綱も休場することが決まっており、昭和以降初めて初日から3横綱が休場する異常事態となった。3横綱とも怪我の為の休場である。白鵬は怪我をしない為の基本的な稽古を休まず遣って居ると言っていた、それでも怪我をしたという事は相撲の激しさを思わせる。テニスの錦織選手は怪我の為、今年一杯試合に出れないとの事。どんなスポーツでも怪我がつき物であるらしい、誰もが怪我をしない世の中に成った場合の事を考えると、スポーツの世界が夢のように成る気がする。3横綱休場秋場所平幕力士の優勝の確立が多く成ったという事である、平幕力士の健闘を祈るとともに、混戦による面白い相撲を願う次第である。3横綱に対しては、今場所休んで体調を克服し来場所以降の健闘を期待する次第である。