勇退に追い込まれた都知事!質問は晴れた??

東京の舛添要一(67)が勇退に追い込まれました。都民の自力として「せっかく辞職してくれた!」そんな気持ちです。
報道に因ると、続投したいと泣いて訴えたそうですね。
おじさんが泣いてまで勧める間近なら、木更津で話し合いした発刊団体社主の姓名を公表したほうが余程簡単ですよね。
都民の血税を、自身や肉親の為にプライベートに流用するなんて至高悪質でタチが乏しい活動だ。再度短く辞職するべきでした。
辞職して当然ですが、様々な疑惑は闇の中・・なのでしょうか?いわばズルイですよね。許せません!
ようやく、初々しい知事をもっと選挙でする訳ですが、猪瀬さん・舛添さんとお金の問題で勇退が続いてある。
私、都民はどこを見て目新しい知事を決めればいいのでしょうか??今や何が何となくわからないですよね・・
”お金”と”日数”の無駄遣いは既に満載!
真新しい知事選択が近々表れるはずですが、今度こそ都民や住民に為に汗を流して得る明確で勇敢なリーダーシップの出演を願いたいものです・・