ここ数日で日経平均株価が続落し、若い人の生活が苦しいと思う話

ここ数日、日経平均株価が続落しています。たまたま土日や文化の日が入ったので経済ニュースや株価をチェックしていない人も多いと思いますが、毎日、日経平均株価が200円、300円と下がっていって、今日はついに17000円を割り込みました。最近は私の周りの友達もみんなお金を持っていないし、お金を全く使わない人ばかりになってしまいました。私くらいの年齢の人はまだ良いのですが私よりももうちょっと若い20代半ばから後半の人になると大学時代の奨学金の返済をしている人や車やキャッシングのローンの返済をしている人が多いです。服もユニクロやGU、しまむらの服ばかり着ているように思います。つい先日の日本経済新聞の記事に最近のデフレはゆとり世代の人がお金を使わないから物価が上昇しないでデフレが何年も続いていると書いてありましたが、今の若い人や私のような30代も含めて本当に日々の生活を生きることだけで精一杯で生活が苦しいように感じます。

傘立ての前文を、あるくのだそうです

小学生3年生の時折、その給食のエプロンもなくなりました。どこで見つかったかというと、避難グレードに投げられているのを、お仲間が見つけたのです。そこで、師範にいうと、「自ら監視が何だかんだ」というのです。しかし、盗まれてしまったものには、とっくに、何とものです。
最優秀は、靴部分にあったかさだ。凄まじい勢いで昔げられていました。誠に、信じられません。都内の他人には衝撃ですよ。傘立てののちをあるくのだそうです。かりに、やってみたいと思っても、できない機能ですよね。体験してびっくりです。
ふつう、乱暴な誰かにやられたとしか思えないですよね。傘立てをあるくのだそうです。誰が予想できますか。そういう仕事場なのです。
ひとこと、いじめということです。それ以来、傘立ては、教室のわきの回廊に置かれました。何で、ここにあるのかと思いましたが、そういった理由です。
それ以来、学院は乱暴なスポットという発見ができてしまいました。